ゆりブロ

障がい福祉サービスゆり庵のブログ

デザートクッキングでパンナコッタを作りました。

21日(月)は、みんな大好きデザートクッキングで「パンナコッタ」を作りました

 

f:id:yuriankids:20190826135808j:plain

 

夏休みに入ってのクッキングは3回目ともなると、みんな慣れたものです。

 

朝の会での説明を聞いて、あらかじめ教えてもらったグループ発表を確認して、同じグループのお友達となにやらワクワクとお喋りしているようでした。

 

開始時間の5分前にスタッフから名前を呼ばれると「はい!」と返事をして、石鹸できれいに手を洗い、キッチンに集合!

 

f:id:yuriankids:20190826140217j:plain

 

さすがスムーズな流れ~

 

今回もスタッフが手順書を作成していましたので、それを見ながら進めていきます。

 

f:id:yuriankids:20190826135822j:plain

 

デザート作りで一番大切なのが「計量」です。

 

それをよく知っているので、慎重に計量する姿を近くで見ている子供たち全員、息が止まってました(笑)

 

f:id:yuriankids:20190826140537j:plain

 

みんな、友達が計量してるのを自分の事のように感じている証拠です

 

計量が終わると、全員で「はぁ~💦」と深呼吸しました😊

この一体感‼

 

順番に計量、混ぜるを繰り返し、レンジでゼラチンを溶かして混ぜて、カップに注ぎます。

 

f:id:yuriankids:20190826140255j:plain

 

全てのカップに均等に注ぐ方法…。

 

「最初からたくさん入れずに、容器の高さの半分まで入れて、残り少しづず足していこうね。」

「ふ~ん…???」

 

言葉で聞いても理解できなかったようですが、実際にやってみるとすぐにピンッ!ときたようです。

 

「お母さんもお茶を入れるときにこうするね」

 

そうそう!

それです!

それを待ってました!

 

別の経験と今経験したことが一致するこの瞬間、「ふ~ん…。」➡「そっか!」になったこの気持ちが、これからの生活や学習をする楽しさにつながると信じています

 

注ぎ終わったカップを冷蔵庫へ入れて2時間のわくわくタイム。

 

おやつの時間になって、食べる前にトッピングのブルーベリージャムをのせました。

 

このジャムは、先日、ブルーベリー収穫に行ったときのものをスタッフと一緒にジャムにしたものです。

 

f:id:yuriankids:20190826140431j:plain

f:id:yuriankids:20190826140445j:plain

 

「ブルーベリージャムをのせると、もっと美味しそう💛

 

みんな、美味しそうにあっという間に食べ終わりました。

 

f:id:yuriankids:20190826140401j:plain

f:id:yuriankids:20190826140318j:plain

f:id:yuriankids:20190826135939j:plain

f:id:yuriankids:20190826140732j:plain

 

「これも家で作りたい

 

もちろん、任せてください。

 

ちゃんと今回もレシピを用意てますよ

 

f:id:yuriankids:20190826135840j:plain

 

「家で作った!」の報告が聞ける日が待ち遠しいです