ゆりブロ

障がい福祉サービスゆり庵のブログ

クッキング企画「ホットドックを作ろう」を実施しました。

8日(火)は、みんなが楽しみにしていたクッキング企画「ホットドックを作ろう!」を実施しました。

 

f:id:yuriankids:20190816105417j:plain

 

まず、朝の会でクッキングの説明を聞きました。

 

大好きなクッキングの話は、みんなじっと座って、聞き逃さぬようにしっかり聞いていました。

 

今回はお昼ご飯ではなく、おやつとしてのクッキングでしたので、ロールパンで作ることなどを聞いていました。

 

「中身はウインナーだけですか?他にも何をはさみますか?」と質問もありました。

 

その後、午前中に年上の子供たちがスタッフとともに買い物へ行きました。

 

中身はウインナーの他に、卵とツナも入れることになり…。

 

「何を食べようかな?」

「僕は絶対にウインナーだ!」

 

みんな楽しそうに、おやつクッキングが始まる2時まで、楽しそうに待っていました。

 

2時になり、クッキングのスタート

 

朝の説明通り、ちゃんと石鹸できれいに手を洗い、スタンバイ完了です。

 

f:id:yuriankids:20190816105105j:plain

 

年上の女子おねえさんには、フライパンでウインナーを炒めてもらいました。

 

さすがに手慣れたもので、あっという間に完成です。

 

f:id:yuriankids:20190816104950j:plain

f:id:yuriankids:20190816104912j:plain

 

卵は保存袋の中にゆで卵とマヨネーズ・塩・コショウを入れて、袋ごと手でもみもみ作業です。

 

 みんな順番にもみもみしてもらいました。

 

「まだ白身が大きいのがある」

「大きい白身は、指先で優しくつぶさないと袋が破けるよ」

 

卵を細かくするという 目的のために、どうするか、何に注意すればいいのかをきちんと考えながら頑張りました。

 

お次はツナです

 

f:id:yuriankids:20190816105043j:plain

f:id:yuriankids:20190816161746j:plain


 

同様に保存袋にツナ缶の中身とマヨネーズ・塩・コショウを入れて混ぜ合わせます。

 

「ツナ缶を開けるときは危ないよね」

 

そういいながら、ちゃんと年上の子が缶のふたをあけていました。

 

ここは自分がするべき仕事だと理解して、年下の子供たちにきちんと説明していたので、他の子供たちからも文句もなく、けがもなく、することができました。

 

中身が完成したら、あとは挟みます。

 

スタッフから説明があり、ひとりずつ順番に作って行きました。

 

 

f:id:yuriankids:20190816105146j:plain


全員揃って…

 

「いただきます!」

 

f:id:yuriankids:20190816105358j:plain

 

あっという間に食べて

 

「おかわりください!」

 

はい、もちろん、ちゃんと用意してますよ♬

 

f:id:yuriankids:20190816105203j:plain

f:id:yuriankids:20190816105252j:plain

f:id:yuriankids:20190816105907j:plain

 

みんなでほっぺいっぱいに膨らませながら食べるホットドックのお味は格別だったようです。

 

「みんな、これ朝ごはんにいいでしょう?夏休み中に朝ごはんで作ったら、お父さんやお母さんは喜ぶよ」そんなスタッフの話に…。

 

「いいね!そうしよう♬」

 

と答えてくれました。

 

家族を喜ばせる、誰かのためにちょっと頑張ってみようとする気持ちって大切です

 

「作ったよ!」の報告が待ち遠しいです